2次元は果てしなく

古今東西ありとあらゆるラブコメを吸収せしめし神を目指すブログー主にラノベを読みますー

【雑記】冴えカノ完結、おめでとうございます!

 内容がないので【雑記】と付けました、梨丸です。

 

 話すことは題名に書いた通り、冴えカノが2017/10/20の13巻発売をもって完結となりました。後日改めて記事は書きますが、とりあえず丸戸さん深崎さん、そして編集者さんでしょうか、冴えカノ関係者の方々へ、完結おめでとうございますと言いたいです。ドラゴンマガジン等のインタビューを読む限り、この冴えカノという作品は三人で話し合って作り上げている部分が大きいそうで。僕にとっては三人でインタビューを受けている記事が印象的でした。惜しまれつつ完結する作品は幸せものですね! ほんとうに完結おめでとうございます。

 

 さて。では最終巻を読んでの感想を、、、と行きたいところですが、実はまだ読めていないのです。発売日にとらのあなで購入して、特典のブックレットも手に入れたのですが、なんといいましょうか、読めないんですよねえ、寂しくて。

 

 早く読みたいんですよ! 早く読みたいんですけど、読めない。

 

 なんだろう、もったいないと思ってしまう。できれば完全な状態で読みたいじゃないですか、だから休みに一気に読んでしまいたい。いやそれじゃ足りない、もう一回一巻から読み直した方がいいんじゃ、って君、最終巻発売に備えて読み直してたよね!? また読み直すの!? いつになったら読むの!? …でももったいなくてですね。ああもう君めんどくさいなあ!!

 

 、、、って感じです。

 ほんとめんどくさい性格してるなって自分でも思います。

 ああ早く読みたい。ネタバレに備えて、「冴えカノ」どころか「ラノベ」でネット検索するのさえ控えてるんですよ今。結構不便です。

 じゃあ読もう! いやでも、、、っ!

 そんな日々を過ごしています。そんな雑記でした。

 次の記事は今度こそ、冴えカノについてですよ(たぶん)! では。